読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

情報の海の漂流者

web上をさまよいつつ気になったことをつぶやいています。

バズる必要性がないので適当タイトル

nyaaat.hatenablog.com
nyaaat.hatenablog.com

先人の知恵や先行事例に学ぶほうが時間効率が良いと思います。

クラウドソーシングでまずやることは「受注」することではなく「発注すること」

>>VBAで、クラウドソーシングで受注できるか試してみる

受注するより前に、市場調査のためにクラウドソーシングでVBA系の依頼を何件か依頼してみることをお勧めします。

慣れた方に何件か作業をしてもらうと、その市場における平均的な技術力というものが分かってきます。
現状の自分と比較して、どの程度差があるか、初心者が到達するのにどの程度労力が必要かが分かれば参入コストの概算ができます。
受注側で参入するのは、勝算があると踏んだ時のみで良いかと思います。


また、作業者とのやり取りの中でこの人感じ良いなと思ったポイントがあれば必ずメモに残すことを推奨します。
後の営業力に繋がります。

ソースのコメントの書き方などはよくチェックし、読みやすい方法などがあったらこれもメモします。

まず最初に熟練者の仕事を見ることで、無駄になるかもしれないことに時間を割くリスクを減らせますし、業界の商習慣や儀礼的なやり取りについて同業の方のノウハウも獲得できるのでコスパ高いと思います。

心の病などで普通の職場では働けない人たちが、体調のいい時に分業しあえる仕組みを作りたいについて

これについては、必ず助成金のたぐいをチェックする事をお勧めします。
参加してくれる方にお支払する報酬の額にダイレクトに響きます。

また、先行事例のチェックのため障害者向けの就労施設等のうちうまくいっているところの見学・取材等に行くことをお勧めします。
(各事業所の平均時給等は自治体のホームページ等で公開されているため、excelでソートして上位の所を選ぶとよいかと)

私が気になっているのは法令によって近年可能になった在宅型の就労支援施設。
出勤が困難なタイプの状態の方でも働いて最低賃金が保証されるのではないかと期待されているのですが、思ったより増えていません。
何らかの問題があって普及していないのだと思うのですが。
その辺の所を調べて上手い解決策が見つかれば面白いのではないかと。

在宅型の例

www.es-team.net

おまけ

うちの会社の障害者雇用枠の方(中途 精神)の待遇は 正社員 ボーナス3.5ヶ月 水土日祝休みの週4日30時間勤務で残業なしで月給20万円、年収310万円昇給ありです。
( 当初一日6時間の週5時短勤務を検討していたのですが、それでは有給の大半が通院で消えてしまうことが判明したため、週4勤務となっています。 )

有給取得率等から計算しますと年間実労働時間は約1200時間で時給換算2500円程になります。
実例を持って「受け皿がない」論に反論させいただきます。

4ヶ月で大学を中退し起業する人のエントリーについての感想

www.ishidanohanashi.com
hagex.hatenadiary.jp
www.yohey-hey.com

11月に会社を起こし本格的に事業を始めます

会社を起こすのは今年の11月の予定。

それまでは会社を起こす準備期間にします。

この前の就活失敗しまくった人もそうだけど、若いなぁと感じる。
今回の記事は11月まで公開を遅らせれば、新事業の知名度アップに使えたはずの記事である。
新事業の開始に合わせて書くするだけで知名度的にはロケットスタートを切れたはずなのに何故今公開しちゃうんだろう。

大学中退しました。
バズりました。
お小遣い入りました。

それで本当にいいのだろうか?

大学中退しました。
バズりました。
そのアクセスを新事業に生かして成長を加速させました。

というところまでは持って行かないでほんとうに大丈夫なのだろうか?
ビジネス上の打算があっての行動なのかが大変気になるところである。

メンバーの就活生がまずいことを書いても止めないブログカレッジ

前回の記事について、ぼかして書いたら分かる人がほとんど居なかったみたいなので補足しておく。

件の彼はやぎろぐの八木仁平氏が有料でやっているブロガー向けコミュニティ「ブログカレッジ」の参加者である。
あれはお金を払ってサポートを貰いながら運営しているブログに書かれていた情報なのだ。
独学でやっているわけではない。

その辺りが大変気に入らない。

就活生があのレベルのことをブログに書いているのに気がつくことができないネットリテラシーの人たちならば、お金を取る水準に達していないし
気がついていて、黙っていたほうが都合が良いと判断して指摘しなかったなら、ろくでもないと思う。

君ら、就活中の仲間があんなことを書いているのになんで言ってあげないんだ。

40社受けて内定ゼロなのは本名ブログで余計なことを書いているからでは?

www.iwata09.com


このブログを昨日数時間かけて読んだ。
( 本名でネット活動をしていてfacebookにブログへのリンクがある以上、応募先の企業の方も読んだと思う )

この方のプロフィールには以下の様な記述があった。

今の内から就活の面接で何かネタになることを言える様にしたいと思ってこのブログを始めました。

面接で「あなたは学生時代、何を努力しましたか?」と聞かれた時に他人と違った答えを言える様に引き出しを増やしておきたい。

その答えの1つとして「SEOを意識して記事を書き、ブログでお金を稼いでいました」なんて言えれば僕の志望するIT業界では面接官もきっと興味を持ってくれるはず。

元々就活のために始めたブログのようだけど、多分このブログ就活の足を引っ張ってると思う。
なぜかというと、他者評価的にマイナスになることをあちこちに堂々と書いているからだ。

例えばこの方はIT企業に就職希望らしいのだけど、ITパスポートの試験に落ちたことがブログに書いてある。
経済学部らしいのだけど、簿記の2級に落ちたことがブログに書いてある。
フィナンシャルプランナーの3級を受験予定であることもブログに書いてあるが、合格報告は無かった。
大学編入を目指してTOEIC620点を目標に一生懸命勉強したが到達できなかったことも書いてある。


正直、本名でネット活動をしている就活生がこのレベルの資格試験に落ちたことををネットに公開してはいけないと思う。
適正が無く入社後の伸びしろが少ない人だとか認識される可能性が高いし、情報のフィルタリング能力も疑われかねない。
その情報を伝えることが一般的に有利になるか不利になるかが判断できないと思われたら、営業や広報といった外と関わりがある職種の採用もきつくなる。

本名でネット活動をする人の場合、何を書くかよりも、何を書かないかが大切になる場面は絶対にあって、就活はまさにその場面だと僕は考えている。
読者もそれなりにいるブログで交流がある社会人も居たのに、就活が本格化するまえにその事を伝える人がいなかったんだなぁと思うとちょっと寂しい気持ちになった。

hatena.fut573.com

ランサーズ等で受注専用で利益が出るビジネスモデル

  1. ある種の助成金を組み合わせると、特定条件下において「人を最低賃金で雇い、一円も利益が出なくてもトントンかギリギリ黒字」になる。
  2. その条件は業務内容がブログ記事の作成でもクリアすることが可能。ただし会社設立前からそこを想定して組織を作る必要はあり。

要するにこの分野では助成金ビジネスが成立する余地が残っていて、実際にやっている会社がいくつか存在する。
もちろんそういう法人も商売をするなら利益率が良いビジネスのほうが良いので、専業でやらせるケースはあまり聞かないが、スキマ時間等で小銭稼ぎにちょこちょこやらしているケースはちらほら聞く。

低コストの新人研修として使っているとこもある。
例えば、パソコンが不慣れな新人アルバイトの人にタイピングの練習兼ねて記事の作成をやらせたり
ビジネスとしてのメールのやり取りを練習するために、新人研修を兼ねて発注側受注側ともに何件かやらせたりしている。
そういう所に話を聞くと、一件100円か200円で、新人の対人系の研修ができるのは大変美味しいという答えが帰ってくる。

なんていうか、こういう人たちと価格競争をしているフリーランスの人は地獄だなと思う。
彼らは1記事100円の依頼を、最低賃金のアルバイト、もしくは正社員の新卒程度の丁寧さを持ってこなしているので競合してしまうとしんどいのではないか?

「全てのオタク」が参議院議員山田太郎氏を応援しなくてはいけないただ一つの理由

blogs.yahoo.co.jp

過去の有名な表現規制問題について、ざっと調べていき、上がってきた人名ををチェックしていくだけで、その時に味方をしてくれた議員さんが何人も出馬予定であることが分かる。
例えばネット上で話題になった「東京都青少年の健全な育成に関する条例」通称都条例問題。
この時に反対運動に参加した参議院議員さんはwikipediaに乗っているだけで5人いて、その中には今回選挙区や全国比例で出馬する予定の人が複数いる。

東京都青少年の健全な育成に関する条例 - Wikipedia

選挙で極振りをするということは、こういう人達が表現規制問題に関わった事のリターンがゼロになるということである。

それはあまりに不義理なことだと思う。

そんなことをやっていては、味方が「一人」になってしまう。

自分たちの意見を代表する人をメインで「応援」することは大切だと思うが、それ以外の人の活動を無視する形になっては後が続かないのではないだろうか。

好きなことを書くためにこのブログのアドセンスを外そうと思う

趣味のブログ位はバズとかはてブとか、google先生とか、そういうのは気にせずに好きなように書いていこうと思う。

バンされたわけではなく、自分の意思で広告を外したことを証明するために今日から2~3日分遅らせてadsenseは外すことする。
(商品画像を堂々と合法的に使用するために、amazon等は残す)

ブログで金銭的に不幸な話をすると善意のadsense狩りを食らうので恐ろしい恐ろしい

memeambivalent.hatenablog.com

この記事を読んだ後、嫌な予感がしてはてなブックマークをみた所、思った通りの現象が起きていた。

バイト終わってスマホを見たら、1000万が無くなっていた - 一人暮らし・フリーター。30歳までに1000万貯蓄出来たのに32歳で1000万吹き飛ばしちゃったよブログ

アドブロック解除して広告ぽちっといた。先月スロとバイナリーオプションで40万すって絶望してた俺が小物にしか見えない。

2016/06/07 18:58
b.hatena.ne.jp
バイト終わってスマホを見たら、1000万が無くなっていた - 一人暮らし・フリーター。30歳までに1000万貯蓄出来たのに32歳で1000万吹き飛ばしちゃったよブログ

あなたのことは全然好きでもないというかどちらかというと嫌いなんだけど、人の不幸は笑っちゃいけないってじっちゃんが言ってたから、広告ぽちっておいたわ。まだ32だし余裕で復活できるからFXなんてやめて頑張れや

2016/06/07 17:02
b.hatena.ne.jp
バイト終わってスマホを見たら、1000万が無くなっていた - 一人暮らし・フリーター。30歳までに1000万貯蓄出来たのに32歳で1000万吹き飛ばしちゃったよブログ

うわぁ。。。あまりにも不憫なのでとりあえず広告全部クリックしといた。

2016/06/07 16:51
b.hatena.ne.jp
色々な人が善意のつもりでadsense の広告をクリックしてる

google adsenseにコンバージョンという概念がある

コンバージョン 広告をクリックしたユーザーが、商品の購入や情報の請求など、価値のある操作を広告主のウェブサイトで完了することを言います
コンバージョン - AdSense ヘルプ

募金のつもりでものを買う気が無い人が広告を適当にクリックするようになると、スポンサー側からみたらそのサイトのコスパは悪化する。
お金を払ってるのに成果がでないのだから、そのサイトはスポンサーから敬遠され、中長期的にみた単価は下がる傾向にあるし、下手をしたら広告費の不正取得を疑われてgoogleから契約を切られる。

というか、今回クリックした人たちが継続的に「クリック募金」を続けるようなら近い将来adsense からbanをされる可能性が濃厚だろう。


とりあえず、これやってる人たちはお金がなくなって困っている人に善意を振りまいているつもりだろうけど、収入手段を一つ潰す結果になると思うので、気がついたらやめてあげてください。

ブロブロガー目指している人に教えたい話2

個人のブログで5000円稼ぐ記事を書くのはそれなりに大変。
ビジネスモデルの形成からはじめないといけないから。難易度高い。

すでにあるビジネスの損失を10000円減らして5000円貰う方が絶対簡単。
知り合いのやっているお店で公式ブログが半年以上更新していないところが連絡してみよう。
「更新止まってるとお店の信用落ちるから代わりに無難なこと書いてあげようか?」と。

更新するだけでマイナスを減らす効果がある、物書き仕事の中で最もクオリティを必要としない案件がそこにあるよ。
お小遣い稼ぎ目的の人は毒にも薬にもならない記事書いて無難にやり過ごしているし、
商売目当ての人はこういう仕事を大量にとって、クラウドなんちゃらとかに投げて差額抜いて儲けている。
ブロガーを目指す人ならとりあえず、相手の人と定期的にご飯一緒に食べて、業界知識とか業界用語のインタビュー記事を書くことを1年くらい続けるのもあり。
それくらいやると専門知識として勝負できるようになるので取材の練習を兼ねて真面目にやってみたらどうだろうか?
2~3業種分回せばちょっとしたコンサルができるだけの知識が積み重なるし、ワーカーをしながら経営視線に触れることができるのでものの見方が変わる。

それと世間の認識的にブロガーは無職扱いなので履歴書を飾る仕事は一つ確保していたほうが安全ということは意識したほうが良い。
できれば請求書は原稿料とか記事作成料以外で作成したい。
記事を書くついでにパソコン関係で分からないこととか相談に乗ってITコンサル料という名目にするか
htmlとかcssとか分かる人なら、HPの保守運営料 という名目にしたい
そうすれば数年後夢破れてどっかの採用試験を受けるとき言い訳が立つかもしれない。
フリーランスでコンサルやっていましたが芽が出なかったのでとか
フリーランスでHPの運営をしていましたが芽が出なかったのでと言っても嘘ではなくなる。
実態は変わらなくても面接する人の印象が多少ましになる可能性がある。


あと、非常に大事なことだけどコネを作っておけばいざというときバイトさせてもらえるかもしれない。
ブログが経済的に成り立たなかった時の為の保険は多いほうが良い。
本当に多いほうが良い。
そこら辺で上手く立ち回らなかった結果ひどい目にあってる人があちこちにいるので。

ブロブロガー目指している人に教えたい話

はてなブログでプロブロガーとか目指している人たちの殆どは恐らく方向性間違ってますよ。

現在のところブログを「書いて」お金を稼ぐなら一部の天才を除いてほぼ間違いなく、企業公式ブログの中の人をやるほうが効率が良い状況です。

今はバブル期並の売り手市場で企業は求人にものすごいお金をかけています。
良い人を採用しようとすると一人100万円近くコストがかかることも珍しくありません。

こういう状況だと、「一定以上の能力を持つ人を自社サイトから採用するためのノウハウ」を持っている人の市場価値が高まります。

例えば僕の場合は正社員として業務時間の半分を使ってとある会社の公式サイト管理しているのですが、先月振り込まれた額がこんな感じ。
取材のための休日出勤が2回、代休2回。残業10時間で昨年の自社ブログの下部フォームからの採用実績がインセンティブになっています。

正社員、ボーナス3.5ヶ月。
一日7.5時間労働 コアタイムなしの完全フレックスタイム 土日祝休みで夏季休暇年末年始GWの谷間等合わせて年間休日136日 有給20日で100%消化を推奨されている。
残業代はフロアのセキュリティキーのログから支給されるのでサービス残業無し。
WPのバージョン管理で更新履歴みているので持ち帰り仕事も残業代発生。
家から自転車で15分の距離の会社で朝8時まで寝ていられて、普段は夕方6時代には家に帰れる
去年一年間の労働時間は計1700時間弱。

30歳位でこのワークライフバランスでこれだけ貰えれば全く問題がない生活です。
オリンピックが終わったら採用絞ると思うのでインセンティブ部分はもうすぐ消滅すると思っています。
だからこの数年間が稼ぎどきかなと思っています。

まぁなんにせよ、ブログで食べて行くという未来の中に、こうやってのんびりと企業公式ブログを書きながらサラリーマンやっていく、という道もあるということはなんとなく覚えておいて損はないと思います。


なお、この仕事はプライベートで運営しているブログに「仕事を探している」と書いた所、その日のうちに今の会社の採用担当者から「うちで働かないか?」というコンタクトがあって決まりました。