情報の海の漂流者

web上をさまよいつつ気になったことをつぶやいています。

魔女の宅急便のニシンのパイが不評な理由を想像する

再現料理では好評なのに、劇中では不評なニシン料理と聞いて、ニシンが大嫌いだった祖母の話を思い出した。
お正月になるたびに、「若いころこの季節になると保存食の身欠きニシンが食卓に出てくるのが辛くてたまらなかった」という話をする人だった。
祖母が若いころ、祖母の住んでいた地域には、新鮮なニシンは流通しておらず、ニシンといえば、カチカチに乾燥した乾燥ニシンを何日もかけて水で戻したもので大変美味しく無かったそうだ。

参考資料 wikipedia 身欠きニシン

水揚げされた鰊は、生の状態では、日持ちがしない。冷蔵技術が発達していない時代は、内臓や頭を取り除いて乾燥させるのが一番合理的な保存法だった。大量の鰊を日本各地に流通させるため、干物に加工したものが身欠き鰊である。すでに享保2年(1717年)の『松前蝦夷記』に、ニシンの加工品として「丸干鯡」(ニシンを内臓も取らずそのまま干し上げたもの)、「数の子」、「白子」などと共に「鯡身欠」が記載されている。
身欠きニシン - Wikipedia


この辺の魚の保存事情はヨーロッパでもあまり変わらなかったという話を昔何かの本で読んだことがある。
検索をかけてみると、ヨーロッパでもニシンを保存していた話が、ヒットした。

www.anlyznews.com

ニシンとタラが中世では主要な魚類であった。冷蔵技術の無い時代なので、保存加工が重要になってくる。ニシンとタラは保存する事ができた。ニシンの加工技術が優れていたハンザ同盟やオランダが商業的に成功し、力を持つ一因となった。また、保存の効く食料は長期の公海を可能にする。ニシンとタラがヴァイキングの域外進出や、大航海時代を可能にした。また、タラの魚場があったことが、ヨーロッパ人の米国大陸殖民に役立ったそうだ。奴隷の食事として重宝された、黒い歴史もある。

魔女の宅急便の舞台は諸説あるが、いずれの地域にも乾燥ニシンがあったことは間違いないと思う。
そして今では生のままの魚が流通していることも。

ジブリ系の書籍を読んでいると、魔女の宅急便は行動成長期高度成長期の集団就職で都会に出てきた若者をターゲットにした作品という話が時々出てくる。
日本のその世代の「地方の若者」にとって生の魚というのはどういう扱いだったんだろうか?
案外、美味しくない伝統食を食べさせてくるじいちゃんばあちゃんを煙たく感じていた人が居たかもしれない。

食べ物の質を持って時代の変化を表現する、というのは個人的には好きなタイプの描写だ。
あのパイについては、おばあちゃんにとっては懐かしい味の乾燥ニシンでも、生の魚が容易に食べられる若い世代にとってはまったくもって不評、それが(魔女と同じく)時代の変化だ、という想像があたっていてくれればいいなと思う。

その方がタダの好き嫌いよりもなんか納得できるから。

食についての記事

hatena.fut573.com
hatena.fut573.com

メディアクリエイターとブロガーについて思うこと

社会で上手くやって行くための一番無難な才能はコミュ力なんで、群れることができる人はしぶとい。
若いうちにあれだけの規模の同士を集めてオフ会とかできるような人たちは大抵、なんだかんだ言ってうまく生きていける気がする。
仕事を見つけて、恋人でもできて、ブログを書く時間がなくなって、ドロップアウトしていく人たちが大多数なんじゃないかな?と思う。
大抵の人は、上手いことフェードアウトしていくのではないだろうか。

何年かたったらメディアクリエイターな人たちがどうなったか、確認してみようと思って三年後の日付で予約投稿をいれててみた。

ブログに比べて安定性が高いと言われる普通の就職でも新卒の三年離職率が3割を超えているのだから、大抵の人は他の手段で生計を立てていると予想するが、真に幸せな人生を送る人はやめた側にいそうな気がする。
リアルが充実しすぎてブログを書く時間がなくなるのだ。

まぁ、数名位はちゃんと何年も安定して食べられている人が出るはずで、その人はなんか凄い人なので一定の敬意を払おうと思う。


今のブログはリアルタイム性が高すぎて、時事ネタを追うならば勤め人と兼任するのは難しい。
夜中に発生したネット事件についての記事は、朝「普通の人たち」が通勤を始める時点でSNS上でバズってないと旬が過ぎるし
午前中に発生したネット事件についての記事は、昼休みまでにバズってないと旬がすぎる。
午後に発生したネット事件についても記事も、夕方以降、「普通の人たち」が帰宅する電車の中で読めないとやはり旬が過ぎてしまう。
「普通の人」が働いていたり寝ている間中に記事を作成できるというのは凄いアドバンテージとなる世界で、時間がある人が一番強い。

大学生っていうのは比較的時間が自由になるポジションで、ブロガーメディアクリエイターとしての能力がブーストされている時期なのだ。
今のスペックがいつまでも続く事を前提にするのはちょっと疑問である。
時間の話は読者についても同じことが言える、同世代の若い人たちを相手にしたサイトは、読者が忙しくなり、記事を読む時間が減ると、段々とパワーダウンしていく。
書き手も読み手も時間が掛けられなくなった時にどう対処して生き残るのかは興味がある。

大型ショッピングセンターが個人商店を駆逐していったのと同じように、個人ブログはメディアの組織力に押されて衰退して行くと思うんで、多数の人がも生計を立てていけるパイはないと思われるが、一部の人は上手く適応していくはずであるが、僕はその方法が思いつかないのだ。

時事ネタではなく専門性で勝負しようという話にならばある程度イメージできるが、専門性をつけるならば一日8時間以上お金を貰いながらネタを探すことができる就職が相当有利になる。
専門性が武器ならばメディアクリエイターを名乗るより、職業を肩書にして専門知識で勝負した方が勝率が高そうな気がしてならない。
メディアクリエイターを名乗り、専門性に惹きつけられる人は、メディアクリエイターワナビーな人くらいな気がするが……

それはさておき、僕の知り合いにとあるASPの個人ランキング上位常連の人がいるが、その人はhtmlの知識もなければ、自分で記事を書くことも一切しないで月間100万円以上のweb収入がある。
クラウドソーシング等を駆使して多数の人に記事を書かせて、品質管理も1記事100円位で他の人に依頼して自分は製作には関わらない。
手を動かさなくてもお金が入ってくる立場である。
メディアクリエイターを名乗るなら、ライターポジションではなく、こういうポジションの人なんじゃないかなとも思う。

もしくはまとめサイトの運営ポジションの人もメディアクリエイターっぽい気がする。

nexus5と違ってnexus6pのカメラの写真はトップ絵やアイキャッチでバーンと使っても大丈夫なそうなクオリティでびっくり

この前、二年間使ったnexus5のバッテリーが死にかけて来たので、nexus6pを衝動買いしてきたのだけど、こいつのカメラがスマホの割には非常に優秀でびっくりした。

nexus5のカメラは僕が手持ちで使うと、腕がヘボいのもあってがっかりするような仕上がりで、縮小して小さく表示する用途以外では使い難かったのだけど、
nexus6pの写真はかなり大きく表示させてもカメラ由来のがっかりクオリティにはなりにくい。

(当然撮影者の腕由来のがっかりクオリティは頻発している)
商用使用ならともかく、個人用ブログならトップ絵用途や、ワイドディスプレイにおけるワンカラムのでかいアイキャッチ用途にも耐えられそう。

続きを読む

kindleのハイライトのネタバレについて記事を書いたら、ブコメで他の具体的な事例が出てきて更にネタバレを食らったのでコメント非表示にします

ネタバレについて言及したら、他の具体的な事例についてコメントが付くことを想定すべきだった。
あの作品も未読で積んでたのに……辛い……
はてなでブログをもう何年もやっているけど、初めてブコメ非表示発動。
f:id:fut573:20160112001725p:plain
被害を最小限に抑えます。

kindleで推理小説を読んだら犯人とトリックの部分にマーカーが引かれていた。今後人気のあるハイライト機能はオフにすることにした

キンドルでとあるミステリ小説を読んでいたところ、犯人の初回登場時にキャラクター名の部分にハイライトが引かれていた。
トリックの部分も同様。

kindleには、他の読者が付けたハイライトを表示することができる人気があるハイライトという機能があり、僕の端末ではデフォルトでオンになっていた。
それが原因でネタバレされてしまった形である。

面白い作品だったのに大変残念だ。

今後この機能は基本的にオフにしておいて、技術書や学術書を読むときには毎回オンに切り替える形で運用することにした。

【保留】"とある女性の「私、白人しかムリ」宣言"ってこれ第三者の画像を勝手に使ってたりしないだろうか

ある女性の「私、白人しかムリ」宣言にトドメをさす流れが素晴らしすぎる - Togetterまとめ

こちらのスクリーンショット内のtwitterIDを検索すると、kelseyreynoldsというtwitterアカウントがヒットする。
twitter.com

こちらのアカウントのアイコンをGoogle画像検索すると Crazycatlaydee という人のyoutubeがヒットする。

チャンネルを見てみると、Crazycatlaydee not Kelseyreynolds という動画が存在する。
現在のアクセス数は19。

www.youtube.com
ちょっと今音が鳴らせない環境なので動画はまだ見てないのだが、なんかこの話、非常に慎重に扱わないといけない気がしてならない。
第三者が勝手にこの人の画像をアイコンにしてネタツイートを創作した可能性があるような気がする。
(まぁ、実際に本人がツイートしていてその後に保身のために……という可能性もあるのだろうが、実際にモニターの後ろに誰が居たのかということは僕には調べようがないのだ)
とりあえず、人種差別者をやり込めたつもりで、無関係の女性の容貌差別に加担するような形になったら、非常に後味が悪いので、態度は保留ということにしておきたい。

12月の頭からはてブRSSがユーザーエージェントなしのアクセスだと500エラーを吐く

ここ数日、自作の情報収集ツールのうち、はてブのrssを利用しているタイプのスクリプトが軒並みエラーを吐いていたので修正をした。

色々ためしてみたが、はてなブックマークのサーバーがユーザーエージェントなしのアクセスを弾くようになったことが原因だと判断。
メモ:そこに至るまでの思考

  • ブラウザからrssにアクセスすると正常に表示される→サーバーは生きている
  • 村はてブや嫁のはてブ等の他のはてブrss利用系のウェブサービスも死んでいる→うちのスクリプトの問題ではない
  • もともとはてな系の一部のapiはユーザーエージェントなしだと正常に取得できないケースが有った
  • はてブにアクセスしたことがないレンタルサーバーからテストしたが、やはり動かない。過負荷により特定サーバーがbanされているわけではない

以上によりユーザーエージェント関係が怪しいと判断。

とりあえずphpの先頭の方に
ini_set('user_agent','android');
の1行を加えてテストをしてみたところ、あっさりとエラーは消えた。

以上により、今回表示できなくなった原因は、はてなブックマークのサーバーがユーザーエージェントなしのアクセスを弾くようになったことが原因だと思われる。

ffftpでjsファイルがダウンロード出来ない時の対処方法

知人から、HPを移転しようとしているのだけど、ffftpで拡張子jsのファイルがダウンロード出来ない、と言われて数年ぶりにffftpを触る。

数十分かけて、調べた所Google検索でヒットする上位ページには根本的な解決方法が乗ってなかったので、こちらにメモをしておく。


まず、この問題が環境依存なのかを確認するために 「"ffftp" "js" "ダウンロード"」でぐぐってみたところ同じ問題に悩んでいる人が何人も居ることがわかった。
例えば2008年3月の人力検索はてなに以下の質問がある。

q.hatena.ne.jp

そこについた回答が、こちら

ダウンロード権限はあるのでしょうか。 .jsを適当に.htmlとかに変えてやってみたらどうでしょう。
VistaでFFFTPのツールを使って ファイルのダウンロードをしたい… - 人力検索はてな

特定の拡張子だけダウンロードできないのだったら、拡張子を一時的に変更し、その後元に戻せば良いのでは?という提案
だけどまぁ、毎回この作業を行うのは大変めんどくさい。
グッドノウハウとは言えない。


時は流れて2014年、上記の回答を試したと思われる方が他のQ&Aサイトに質問をしていた。

拡張子jsのファイルの ダウンロード方法を教えて下さい。
ファイルを右クリックして 「名前を変えてダウンロード」で
js → html にすると ダウンロードできます。
他の拡張子のファイルは ダウンロードできます。
FFFPTで拡張子jsのダウンロードできません- 運用・管理 | 教えて!goo

oshiete.goo.ne.jp

どうもOSが原因のようです。 Windos8のPCではダメで XPのPCだと問題なくダウンロードできました。
FFFPTで拡張子jsのダウンロードできません- 運用・管理 | 教えて!goo

どうやらOS依存のようだ。

ここでXPではできるがwin8 ではできないということから、普段ファイルアップロードに使っているWinSCPの挙動を思い出す。
WinSCPは、windows7以降において一部の機能が管理者として実行しないと一部の機能が使えない。(iniファイルの設定変更関係等)

ffftpも一部の機能は管理者として実行しないとダメなのかもしれない。
試しに管理者として実行し直したところ、あっさりjsファイルのダウンロードに成功した。

念の為に手持ちのwin7 win8.1 win10 機の三台で検証した所、すべての環境で管理者として実行していればダウンロードでき、そうでなければエラーが発生した。
この事から、最近のwindows機でffftpでjsファイルがダウンロード出来ないのは権限が不足しているからで、なんとかしたければ管理者として実行すれば良い、というのはある程度一般性を持つ回答だと思われる。

とりあえず、友人のPCのショートカットの設定を変更し、常時管理者モードで実行するようにしておいた。
具体的には右クリック→プロパティ→互換性 →管理者としてこのプログラムを実行するにチェックをつけた。
f:id:fut573:20151201201038p:plain
本当はftpから卒業してSFTPあたりに移行してもらいたかったのだけど、サーバーが対応してないなら仕方がない。

ブロガーの延長線にあるお仕事の話。ライターは地雷の部類じゃないかな

ライターの話ですけど。日本語が書ける人なら大抵の人は最底辺のライターにはなれますよ。
ただ、記事を書くだけの仕事だと単価が低いので頭打ちになると思われるので、専門性やよほどの個性、文章力等が無い限りその先を見据えた通過点として考えたほうが良いと思います。
なれるけど、食べてはいけないわけです。

anond.hatelabo.jp

最底辺のライターのハードルはめちゃくちゃ低い。だから厳しい

商業でやっているメディアの記事を書く場合、文章力やら訴求力やら色々求められますが、そうじゃない所の記事の場合、最低限日本語として意味が通れば問題がない、程度の要求度の仕事が結構あります。
そういう所のお仕事をゲットできればまぁ楽ではあります。

ただ、基本的には専門性のない書き物仕事って、今個人でやっていくには非常に厳しいんです。
業務内容がブログ記事執筆でも条件整えて書類揃えて申請すれば受けられる助成金のたぐいがあって、そういう会社は人を雇って1記事100円とか200円のSEOライティングをしていてもそんなに赤字にならないんですよ。
下手したら企業として最低賃金以上の給料を出しながらやっていけたりするわけです。
後は生活に困っていない主婦の人とかがお小遣い稼ぎとかでちゃちゃっと書いたりする。

個人がそういうところと競合して生活の糧を得るのはちょっと大変な状況です。
文章単体で勝負するのは結構厳しい。
プラスアルファの要素がほしいわけですね。

CRML-17 使い切りライター3本入(PSC)

CRML-17 使い切りライター3本入(PSC)

数年前の彼はプラスアルファ部分が身につく書き方をしてなかった

冒頭リンク先の彼には何年か前に、「年齢を言い訳にするな、勉強しろ」的なことを書いたことがあります。
彼が当時プラスアルファの部分が全く身につかないブログ運営をしていたので、「プロ」を目指すなら将来的には行き詰まるだろうなと思ったからです。
あの頃の彼のブログは、ほぼ、自分で考えたことを書き連ねた感じで、記事執筆時に何かを調べた形跡がほとんどありませんでした。
論拠となる参照リンクとか殆ど無かったですし。

そういう記事を書いていると、記事を書いたことで新たに増える知識は殆どないし、技術力も高まらないわけです。
文章力は高まるかもしれませんが、プラスアルファの部分が全然伸びないんですね。

大抵の人はブログは趣味でやっているのでそれでも全然構わないわけですが、そうじゃない人の場合、100円で書いてくれる人たちとの顕著な違いが必要で、そこをクリアできないなら続けていてもその先は無いだろうなと感じていました。

方向性やパラメータの伸び具合が幸せになれなそうな感じ。

でも、最近はそんなにひどくないよね(どっかの真似)

でも、最近の彼はブログを書く際に色々調べている形跡があるし、炎上以外でも注目される記事を生み出すようになってきています。
成長する方向に動いていると思うんですよね。
調べ物をする時にapi叩くか、ちゃちゃっとphpか何かでスクレイピングかけて、sqlに放り込んで分析、とかできれば他の人が持ってない情報で勝負する記事書けると思うんですが……
(実際僕は数分で書いたコードで得たデータをグラフ化しただけの資料で何度もホッテントリ飛ばしている)

プラスアルファの部分があれば色々お仕事ありそうなのに

例えば、僕が片手間でやっている「お仕事」に、中小企業やNPOのHP運営+パソコン関係の相談役、というのがあります。

これは、見苦しくない程度に文章がかけて、WordPressのサイト運営経験があって何年かパソコンを触っていればできる仕事です。
スキルとしてはブログ運営の延長線上にある感じです。
HPの更新は多いところで週に一度、少ないところで数ヶ月に一度無難な記事を書く程度。
いわば公式ブログの中の人ですね。


相談役というのは例えば、「新しいパソコン欲しいけど何買ったらいいか分からないから見繕って」と言われたら、「予算的にはCPUはCeleronで妥協してメモリは8Gに増設してSSD換装するのが良いですね。今度行くときやっときますよ」と答える仕事です。
「そのエクセルのシート vlookupってのを使えば作業時間3分の1になりますよ」とか言ったりもします。
その程度です。
中小企業とかだとパソコンが分かる人が誰もいないけど、一人余分に雇うのは厳しいというところが結構あって、そういう所に月にに1~2回くらい顔を出して相談に乗る、というお仕事が成立するわけです。

ライター狙いやプロブロガー目指すよりも、兼業でこういう位置狙うほうが絶対楽だと思うんですよね。