読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

情報の海の漂流者

web上をさまよいつつ気になったことをつぶやいています。

『いっぱんじんがごちゃごちゃいうな』の知名度が280%に達する事が分かりました

あれ?

人力検索はてなにおけるアンケート調査によると『いっぱんじんがごちゃごちゃいうな』の知名度が280%に達する事が分かりました。
また、プラスイメージであるという回答は有効回答数の220%にも及び、好感度調査においても他のキーワードを圧倒する結果に終わりました。またこれはカイ二乗検定により有意であることが確認されています。

あなたは『いっぱんじんがごちゃごちゃいうな』という言葉を知っていますか?

『いっぱんじんがごちゃごちゃいうな』という言葉のイメージについて

おかしいですよね?

普段ハテナのアンケートを見ていると、ちょっとあれ?と思う設問が多いんですよ。そのアンケートを元に統計情報を出したらとんでもない事になるよ?みたいなのが。
その辺について書いて見たくなって上のようなアホアンケートをしてみたわけです。
以下、有効なアンケートを取るためのポイントみたいなものを書いていきます

ハテナでアンケートを取る時のポイント

  1. 選択肢にはダミーを混ぜる。
  2. 設問数200で一回より、設問数50で同一アンケートを4回取る
  3. 複数選択の設問は前に持ってくる

選択肢にはダミーを付ける

設問3:設問2で××と選んだ人に質問です。どうして選びましたか?

  1. かっこいいから
  2. 安いから
  3. かわいいから
  4. 友達とペアだから



こんな質問を良く見かけますがNGです。
はてなのアンケートを回答する時には空欄が許されません設問2で××を選ばなかった人も、設問3の選択肢から一つ選ばなければならないんです。
当てはまらない人は本当に適当に選びます。
そういう人達の誘導路になる選択肢が必要なんです。

設問3:設問2で××と選んだ人に質問です。どうして選びましたか?

  1. 設問2で××を選んで無い
  2. かっこいいから
  3. 安いから
  4. かわいいから
  5. 友達とペアだから



誘導路を作りました。これでOKでしょうか?
実はまだNGです。

ユーザーの中には本当に適当に選ぶ人がいますので、その人の回答を除外する必要があります。

設問3:設問2で××と選んだ人に質問です。どうして選びましたか?

  1. ダミーです選ばないでください
  2. ダミーです選ばないでください
  3. 実はポイント目当てで適当に答えている
  4. 設問2で××を選んで無い
  5. かっこいいから
  6. 安いから
  7. かわいいから
  8. 友達とペアだから



こうするべきです。
適当に答えている人やプログラムで自動的に答えている人に対するフィルターをつける必要があるんです。
はてなのアンケートではある設問に答えた人が他の質問になんと答えたかを知る事が出来ます。
ですから、ダミーが多ければ多いほど無意味な回答を除外しやすくなります。

設定は最小回答数推奨。

はてなで回答上限200件の設定でアンケートをとるとします。
すると、数時間時で終了します。
数時間内にアクセスしている人なんて偏りまくっていますよ?
統計情報としては大変微妙な事になります。
どうせ偏るならば200件で一回よりも、朝一回、昼一回、夕方一回、夜一回にわけ50件づつ4回のアンケートを取るべきです。
その方がユーザー層の偏りが少なくなるはずです。

50件アンケートは偏り防止以外にも効果があります。
回答上限数50件のアンケートは即座に回答数がMAXになり終了します。夕方で大体10分前後でしょうか?。
だからドラマのCM中と本放送中の微妙な時間差を狙ってピンポイントとか、そういう精密なマーケティングが出来るわけです。
一日何回もブログを更新する人なんかは、次の時間帯の客層がピンポイントで分かると有利ですね。
記事の更新順でアクセスした人に無駄足踏ませないようにするとか。

複数選択の設問は後ろになればなるほど、選択される数が減る。

飽きる人が多いからです。
最初は真面目に答えていた人でも、回答が長すぎると飽きてきます。
すると、労力を惜しむわけですね。
で、選択される数が減るわけです。

最後に

なんていうかですね、個々最近明らかに役に立たないアンケートに協力してポイントを獲得することが多くて、良心がズキズキ痛むんです。それ役に立たないと思うけどいいの?という感じのやつ、結構あるんですよ。
だからちょっとでも口に出しておきたかったんです。
間違い等あったら突っ込みお願いします。