読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

情報の海の漂流者

web上をさまよいつつ気になったことをつぶやいています。

新聞記事の見出しに「!?」がないか確認しなければならない日


吹田市も「障がい者」と表記してきたが、「『障害』は個人ではなく社会に存在する」として新しい表現を検討することに。10月〜11月に公募したところ、「愛」や「友」の字を用いるなどした45件の応募があった。

「障害者」→「障がい者」→「友愛者?」 新表記を大阪・吹田市が導入方針 言葉狩りの批判も  (1/2ページ) - MSN産経ニュース


何が酷いって、見出しが酷い。



「愛」や「友」の字を用いるなどした45件の応募があった。



「友愛者?」

になっているの。



MSN産経ニュース">「障害者」→「障がい者」→「友愛者?」 新表記を大阪・吹田市が導入方針 言葉狩りの批判も



「MSN産経新聞言葉狩り?」

に変換するようなもので、色々とおかしい。
見出しに「!?」がついているか確認しなければいけないのは、スポーツ新聞だけではなくなったようだ。


cf 吹田市の募集ページのキャッシュ


本市では、「障害」の「害」の字について、字の印象の悪さ、マイナス的なイメージにより、ひらがな表記に改めておりますが、「障がい」は社会の仕組みやまちのあり方など外界に存在するもので、人にあるものではないとの考えから、表現(呼称)を根本的に見直したいと考えております。そこで「障がい者」に代わる新たな表現(呼称)を募集します。


寄せられた新たな表現(呼称)については、後日、有識者や市民で構成します(仮称)「障がい者」に代わる新表現(呼称)検討委員会において新表現(呼称)を決定し、今後、その新表現(呼称)を市が作成する文書等において順次使用していきます。

なお、採用された新表現(呼称)の考案者には賞状及び粗品を贈呈します。


応募期限 11月30日(月曜) 必着
応募資格 市内在住、在勤、在学の方
応募方法

新表現(呼称)とその説明、住所、名前(ふりがな)、年齢、電話番号
を書いて、直接または、郵送で下記、連絡先まで。

吹田市|「障がい者」に代わる新しい表現(呼称)を募集します