読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

情報の海の漂流者

web上をさまよいつつ気になったことをつぶやいています。

原口総務相のマスメディアクロスオーナーシップ禁止発言の文字おこし

政治 資料

新聞・テレビの猛反発は必至 総務相「新聞社の放送支配禁止」表明 : J-CASTニュース
で話題になっていた発言。
Youtubeに動画がアップロードされていたので、文字に起こしてみた。



まず、様々な既得権益を壊していきたい。
クローズドしたものを、こじ開けていきたい。
そして、多くの人達に平等で自由なアクセス、これを保証したいと思っています。
それが今のご質問のポイントだと多います。
マスメディア集中排除原則、これを法案化します。
そしてクロスメディアの禁止、つまり、プレスと放送が密接に結びついて言論を一色にしてしまえば、そこには多様性も、あるいは民主主義のもとである批判も、生まれないわけであります。
これを法文化したいと、こう考えています。
有限である電波、これをどのようにオープンにして行くのか、これはオークションも含めて考えなければいけないし、今私が日本版FCCという言葉を使いたくないというのは、日本の総務省の歴史にあります。
つまり、長い間の政権が(これは私の視点ですけれども)総務省というむき出しの権限を持っている機関を直属に、そこが直接放送局の免許を与える。
非常にその、言論の自由・報道の自由・放送の自由に対して(不明)な存在、この存在を解体することがある意味わたくしの勤めであると考えているわけです。