読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

情報の海の漂流者

web上をさまよいつつ気になったことをつぶやいています。

僕に他人の価値観を変えられるとは思いません。

どうも最近、「君のやり方では相手は納得しない」、的な事を言われることが増えたのですが、それは当たり前だと思います。
そもそも僕は意見が違う人を説得するためにブログをやっているのではないのですから。


僕のスタンスは基本的に、どこかからデータを探してきて、それを紹介するというものです。
インターネットで調べる、図書館に篭る、本を読む、ソースを探してきて書き起こす、グラフにまとめる。
そういった単純作業をして、事実関係を確認したり、二つの情報を結びつけたり、基礎的なデータを作成しているのです。


情報の事実確認や基礎データのまとめという作業は時間がかかるので、あまりやる人がいないんです。
で、誰もそういう作業をやらないと、その問題にコミットするための手間がかかります。
そういう状態にある問題というのは、論ずるために必要なコストが非常に高いんです。
メンドクサイから誰も深い考察をしない状態で放置されることが多いんですね。


でも、誰かが雑用をすると、ずっとやりやすくなるんですね。
頭が良くて忙しい人が、参加できるようになる。
そういう人はサクっと答えを出したりします。


まぁ要するに僕は、「あなたの意見は間違っている」と言う人ではなく、「あなたの情報を確認してみたがどうも事実誤認があるようだ」という人なわけです。
で、その作業には結構時間がかかるんです。
基本的にはロジックを組み立てる暇はありません。


本末転倒なようですが雑用に忙しくて相手を説得する隙がないので、最初から説得は放棄しているのです。
このスタンスがたまたまニッチに当てはまったようで、僕の記事はそこそこ需要があるようです。


そういうわけなので、僕のことは雑用係やコピー取りや議事録係程度に認識しておいてください。
説得は誰か偉い人にお任せします。