読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

情報の海の漂流者

web上をさまよいつつ気になったことをつぶやいています。

【偽旗活動】例の韓国人になりすます人達がぼちぼち報道され始めている

以前こちらの記事で紹介した韓国民団に成り済まして民主党議員の応援をする「工作活動」はあれ以降も継続しているのだが、彼等の活動はぼちぼちメディアに乗り始めている。
例えば12月5日のヤフーニュースに週間FLASH女性自身の記事が掲載されていた。


「民主党がんばれー!」「万歳(マンセー)!万歳(マンセー)!」「在日に参政権を!」
11月29日午後5時30分過ぎ、JR川崎駅西口前でおこなわれた野田佳彦首相(55)の街頭演説に、奇妙な一団が現れた。わずか5人ほどだが、持っているのはなんと韓国国旗。しかも野田首相の演説を遮るように先の言葉を叫んでいた。
見かねた民主党関係者が近寄り、「演説が聞こえなくなるので、声を上げるのはやめてください」と制する。すると、彼らは「在日を人種差別すんのかー」と騒ぎだすありさまだ。「本当に在日の人ですか」と本誌記者が聞くと「そうだよ」悪びれる様子もない。
自称”在日韓国人”の集団は別の民主党幹部の遊説場所にも現れている。枝野幸男経産相が池袋駅西口で街頭演説をしたときも、複数の男性が「民主党は韓国の味方だ!民主党がんばれー」などと叫び、演説を妨害、枝野氏の声がかき消されるほどだった。まさに”ほめ殺し”。こうした集団は、細野豪志政調会長や菅直人前首相の演説会場にも現われ、ネットで中継までしている。
民主党に対してそこまで嫌がらせを繰り返しているのは何者なのか。「実はネット右翼(ネトウヨ)と呼ばれるネット上で右翼的な行動を呼びかけるグループだ」と話すのは、ネトウヨに詳しいジャーナリストの安田浩一氏だ。安田氏は次のように続ける。
(後略)


野田首相の演説で「マンセー」と叫ぶ”在日応援団”の正体 (女性自身) - Yahoo!ニュース

朝日新聞は決戦24時という選挙特集をやっているのだが、その12月2日版に以下のような記述があった。

16・47 野田佳彦首相が千葉県で街頭演説。首相の外交姿勢を弱腰と主張する趣旨で、中国、韓国の旗を振る人たちに「あっちの歩道で他国の旗を振る人がいます。人の国の国旗は大事にしなくてはいけない。我が国の国旗が燃やされたり踏まれたりしたら頭に来るでしょう。政治的メッセージを他国の国旗を振ってやるのは排外主義ですよ」


朝日新聞デジタル:〈決戦24時〉―12月2日 - 政治

このように彼等の偽旗作戦はぼちぼち報道され始めている。
要するに工作がどんどんバレているのだが、いまだにTwitter等で工作参加を呼びかけてる声があるので、今後も工作バレは拡大していくと思われる。
例"国旗"で検索してHITしたTweet


それにしても彼ら韓国朝鮮語ができないので、完全なカタカナ発音しているのがいろいろ味わい深い。
(こちらのyoutube動画あたりが彼等の発言が聞き取りやすい)
「顔に小さなバタフライマスクをかけるだけで、誰からも正体を見破られなくなる、創作中変身ヒーロー」に心のなかでいつも突っ込んでいるセリフを現実世界の人達に言いたくなる日が来るとは少し前まで想像もしていなかった。

↑バタフライマスクの例(amazonから適当に引っ張ってきた画像) バレバレだよね。