読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

情報の海の漂流者

web上をさまよいつつ気になったことをつぶやいています。

Q「ガジェット通信に寄稿したらPV増えますか?」A「いいえ減ります」

ガジェット通信に寄稿してみたけど16アクセスしか来なかったという話がちょこっと話題になっていました。

しかし、基本的な話として、pv増加を目的とするならば記事をまるごと寄稿とかしてはダメですよ

コンテンツ全文を寄稿すると、読者はわざわざ元ブログまで読みに来ない。

基本的に全文転載系のメディアから寄稿元へのアクセスはそんなに多くありません。自分がすでに読み終わった記事と一字一句変わらないコンテンツが置いてあるだけのページにわざわざアクセスしようとする人は極めて少数派だからです。
読者が元ブログを読むことで生じるメリットがほとんどない状態ですから、寄稿しても自分のところのアクセスカウンターにはほとんど反映されません。

Googleさんに重複コンテンツ扱いされてしまう。

それどころか、寄稿先+その提携先に、自分の記事と一字一句変わらないコンテンツが登場することによりSEO的には致命傷を負いかねません。
例えば以下の表はガジェット通信の20件をピックアップして、元ブログとガジェット(アンド提携メディア)のGoogle検索順位を比較したものです。

検索キーワードには「記事タイトル」を使い、ユーザーの好みにあわせて検索順位を変化させるパーソナライズ検索はOFFにしてあります。
これを見ればわかるように、元ブログの検索順位がガジェットの記事より低いのケースが20件中15件もあります。しかもそのうち10件は20位以下となっていて検索エンジン経由のアクセスは絶望的な状態となっています。
本来1位を取って当たり前の記事タイトルでさえこの状態ですから、他のキーワードは更に残念なことになっているのは自明な感じですね。
(Googleさんのこの辺についての反応は他のネットメディア系もだいたい同じ感じです)

つまり

1.寄稿したことによる直接的なPV増加は大したことない
2.SEO的に残念なコトになり、本来元ブログに来るはずだった検索経由のアクセスが寄稿先にながれることにより長期的なPVが減少する
の2点により、元ブログのPV収支はマイナスになりがちなわけです。
ネットメディア各社へのコンテンツ提供というのは基本的に、「自分のところのPVに反映されなくてもいいから記事を多くの人に読んでもらいたい」というスタンスでやるべきかなと思います。