読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

情報の海の漂流者

web上をさまよいつつ気になったことをつぶやいています。

圧迫面接やら、内定辞退にあれこれみたいなのは、誰かが録音してネットに流して炎上みたいなのが2~3回起きて、ニュース沙汰になれば、衰退するんじゃないかね? いいか悪いかは別として

今回の相談は「内定辞退はすごく怒られると聞きます。怒られない方法はありませんか」  景気回復の影響なのか、例年よりも早いタイミングで内定を出す企業が増えている。複数の企業から内定を手にし、「どこにしようか」とぜいたくな悩みを抱えている就活生もいるだろう。だが、就活生は「内定辞退」を甘く考えてはいけない。時に修羅場と化すこともある。

こういうニュースを見ているとこのご時世に誰かの恨みを買うということは、インターネット上で悪評を流されるリスクに繋がるということが全然周知されていないようでちょっと恐ろしくなる。

今はもう(今どき就活するような人なら)殆どの人がスマホや携帯電話を所持している時代だ。
面接や電話でのやりとりを記録し、内容をネットにアップロードできる環境も整っている。
この条件下で就活生にあれなことをするのってどうなんだろうね?

内定辞退者にあれな嫌がらせをして、その内容を録音されてニコニコ動画やらyoutubeやらにアップロードでもされたら、致命的な大炎上するかもしれないのに怖くないんだろうか。
圧迫面接なんかもそう。就活生が内容をちょろっとtwitterやらなにやらでつぶやいたら、来年以降の採用難易度がやばいことになる可能性があるのに。

なんていうか、人の恨みを買うことのリスクが高いんですよこの時代は。
一人の人間に恨まれたことが原因で大ダメージを受ける危険性って絶対あるわけで。
就活なんていう毎年恒例の行事でヘイトを稼ぐことって割に合わないんじゃないかなぁ。

本当に誰かが採用担当者のあれな対応をネットにアップして大炎上してニュース沙汰、みたいなことが何度か起きたら、危険性が周知されて、この手の悪習は一気に衰退するような気が僕はする。