読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

情報の海の漂流者

web上をさまよいつつ気になったことをつぶやいています。

ブロブロガー目指している人に教えたい話

はてなブログでプロブロガーとか目指している人たちの殆どは恐らく方向性間違ってますよ。

現在のところブログを「書いて」お金を稼ぐなら一部の天才を除いてほぼ間違いなく、企業公式ブログの中の人をやるほうが効率が良い状況です。

今はバブル期並の売り手市場で企業は求人にものすごいお金をかけています。
良い人を採用しようとすると一人100万円近くコストがかかることも珍しくありません。

こういう状況だと、「一定以上の能力を持つ人を自社サイトから採用するためのノウハウ」を持っている人の市場価値が高まります。

例えば僕の場合は正社員として業務時間の半分を使ってとある会社の公式サイト管理しているのですが、先月振り込まれた額がこんな感じ。
取材のための休日出勤が2回、代休2回。残業10時間で昨年の自社ブログの下部フォームからの採用実績がインセンティブになっています。

正社員、ボーナス3.5ヶ月。
一日7.5時間労働 コアタイムなしの完全フレックスタイム 土日祝休みで夏季休暇年末年始GWの谷間等合わせて年間休日136日 有給20日で100%消化を推奨されている。
残業代はフロアのセキュリティキーのログから支給されるのでサービス残業無し。
WPのバージョン管理で更新履歴みているので持ち帰り仕事も残業代発生。
家から自転車で15分の距離の会社で朝8時まで寝ていられて、普段は夕方6時代には家に帰れる
去年一年間の労働時間は計1700時間弱。

30歳位でこのワークライフバランスでこれだけ貰えれば全く問題がない生活です。
オリンピックが終わったら採用絞ると思うのでインセンティブ部分はもうすぐ消滅すると思っています。
だからこの数年間が稼ぎどきかなと思っています。

まぁなんにせよ、ブログで食べて行くという未来の中に、こうやってのんびりと企業公式ブログを書きながらサラリーマンやっていく、という道もあるということはなんとなく覚えておいて損はないと思います。


なお、この仕事はプライベートで運営しているブログに「仕事を探している」と書いた所、その日のうちに今の会社の採用担当者から「うちで働かないか?」というコンタクトがあって決まりました。