情報の海の漂流者

web上をさまよいつつ気になったことをつぶやいています。

無題

随分昔に自社で三十代未経験の精神障害の方が時短正社員時給換算2500円程で働いている話をしたのだけど、その続報。

僕はこの会社をもうやめてしまったのだけど、先日久しぶりに当時の同僚とオンラインで話す機会があり、近況を確認したところ
「直接の上司から定期昇給上乗せの申請があり、上層部が誰も反対しなかったため、彼は当時より給料が上がっている」という回答が帰ってきた。
この条件で仕事が経済的に成立していて待遇改善がすんなり通るくらいに、定着していることにちょっと安心してしまった。

彼は会社の障害者雇用第一号で採用当時社内に全くノウハウがなく、たまたまボランティアで障害者にパソコンを教える活動をしていた僕が担当となり、顧問弁護士・社労士、ハローワーク、支援機関、大学の福祉系学部の先生等に話を聞きながら手探りで制度を作っていったのだけど、ロールモデルが見つからなくて苦労したことを覚えている。

あのころ、障害者雇用については「雇うだけでも立派だ」という風潮があり、自治体の障害者就労フェアに行っても最低賃金で雇用している会社が成功例として登壇していたりしたのだけど
個人的には「生涯フルタイムで働けないかもしれない人」を最低賃金で雇用すると、最低生活費ラインを一生越えず、経済的に自立できないことが引っかかっていた。

いろいろ調べた結果、以下のような理由により、一般雇用と同じ待遇での応募になったのだけど、結果的には上手く行ったことになる。
※再現性はないと思われる。

  • 障害者雇用の最上位層の生産性は、大企業はともかく中小企業に応募してくる他の人材に大きく見劣りすることはないと思われる
  • 他社の待遇が低いため実際に最上位に近い人が応募してくる可能性は高い
  • 自社の規模で給与テーブルを複数作ると管理工数のほうが高く付く(社内の雑用を集めてやらせるのでないなら、全ポジションに設定する必要がある)
  • 時短勤務等各種制度は介護・出産・育児等に流用可能であり、障害者雇用固有のコストではない
  • 中間管理職の管理工数についてはかなりの配慮が必要
  • 体力面で懸念があるがそれは通勤も含めた拘束時間全体で考えるべきで、水曜日休みの週4勤務にすれば3連勤以上は原則発生しない

余談になるが、障害者雇用の場合、国や自治体等の補助を考えると単純に給与を上げれば可処分所得が上がるとは限らないのが難しい。
給与固定で労働時間を短縮するほうが良い効果があるケースもあるので、昇給時には本人に事前確認したほうが無難だと思われる。

  • 扶養範囲(配偶者や親族が家計のメインの場合)
  • 生活保護
  • 医療費
  • 障害福祉系サービス(所得税や住民税の非課税範囲を超える所得があると有料になるケースがある)
  • 一部障害年金の支給条件(高所得者の減額等がある)

また契約社員を正社員化することで支給される助成金が存在するため、求人時点では契約社員応募として、後に正社員とする方が原資が増えるのだけど、多分外部からは実態がわかりにくいだろうなと思う。
(契約社員・正社員あり、の方が待遇良いケースが混じっているんだけど、嫌な感じのと見分けつかない)

※このブログは現在逆SEOを実施しており、検索順位低下のため記事タイトルはなるべくいまいちなものを選んでいる

はてブコメント比較ツールの一時停止について

下記のはてブの仕様変更により
例のツールは現在正常に動作しません。

https://bookmark.hatenastaff.com/entry/2020/03/05/182417

このツールは原則実家のpcからしか更新ができないのですが
コロナ対策のため実家に戻るのはしばらく後になり、修正には時間がかかるみこみです
(リモート接続に成功した場合は対処可能)

茅ヶ崎に行ってきた

f:id:fut573:20181015213056j:plain

www.sankei.com
茅ヶ崎市が慰安婦関係の映画に協賛したことが原因でバッシングを受けているという話を聞いて、何らかの形で応援したいと思い、地域にお金を落とすために一泊旅行に行ってきた。
特に予定は決めずぶらぶらと一日中散歩をして、目についた食べ物屋で飯を食い、適当な宿に宿泊をして帰ってきた。

駅から海岸にかけての道はきれいで気持ちよく散歩ができた。
道中にある美術館の敷地内には平塚らいてうの石碑があり、そういう縁がある地ならば、慰安婦問題でこういう立ち位置の人がいるだろうとなんとなく納得をした。
海側は閑静な住宅街のため食べ物屋さんを探すのは苦労をしたが、出てきた飯もそれなりに美味しかった。
全体的に気持ち良い休日を過ごすことができ、良い気分転換ができたと思う。

なお、あれこれうるさい人がいるのであえて書いておくと
僕は個人的に明確な反対理由がない限り、表現に対するバッシングには反対する立場で、その際表現の内容は問わず、なるべく金銭的支援もしくは担当者が今後やりやすくなる形での応援メッセージを送ることにしている。

はすみとしこや、右派活動家の作品も買ったし、チャンプロードも購読していた。
チャンプロード - Wikipedia
在特会によるデモが酷かったときには対象になっている地域に平日邪魔にならないようにご飯を食べに行ったし、新宿御苑の政治系書店にて在日韓国朝鮮人団体の機関紙を購入した。
最近でいうと表紙の問題で批判された境界線上のホライゾンも購入しているし、キズナアイもチャンネル登録をしている。
コミケでフェミニストな人が出している評論系の同人誌を購入したこともあれば、ウェブ投げ銭をしたこともある。

これらの作品や団体の中には僕とは全く反りが合わないものがいくつもあるが、趣味嗜好とは関係なくポリシーとしてお金を落としているのである。

公用車でAV女優云々。

bunshun.jp

週刊誌の倫理観についてはともかく、言及している普段人権を重視していると思われる人たちについて違和感を覚えたのでメモを残しておく。

  • 経営者の公式プロフィールにAV女優であるという記載はない。
  • 「仮に」本当に出演していたとしても、普段リベラルを自認するような人が、本人が載せていない性関係のプロフィールについて吹聴するのは本来おかしい。
  • 政敵批判のためならばそのおかしいことがまかり通ってしまうというならば、それは自分自身の道徳や倫理観を毀損してしまっているのではないか?
  • それは非常に恐ろしいではないか?
  • 「仮に」AV出演歴が誤報であったらとんでもないデマに加担することになるのではないか

以上取り急ぎ。

最近は自作サービスのPHP→pythonへ書き換えとサーバレス化をしています

最近空き時間に、自作ツールのリファクタリングをしている。
基本的にはphpで書いていたコードをpythonに置き換えることとvpsからサーバレス系のサービスへの移行を中心に作業をしている。

lambdaがphpに対応していないから、という理由で手を出したpythonは書いてみたら非常に楽しかったし
lambdaやazure functionsを使ってみたら、サーバーの面倒を見る必要がないことがどれだけ快適かがよく分かった。

手を入れた分だけど生活の質が変わっていく感じがして非常に心地が良く
趣味ってこうでなければいけないよなぁとしみじみ思う。

個人的見解

最近、会社で求人を担当することがあるので、若い人のキャリアや教育についてあれこれ考えることが多い。
その上で2018年2月時点で古典・漢文についてどう思っているかをメモっておく。
(Todo いつか考えがまとまったらちゃんとした文章にしてする)

現時点の個人的見解。
日本の古典についてはさておき、漢文についてはもしかしたら現在とは価値が変化する可能性があるのではないかと思っている。
経済力の逆転によって、これからの世代は中国企業の下請けになって知性や能力を中国人にジャッジされる人の割合が増えるのではないかと予測しているからだ。
(もしくは人ではなく中国企業のAIに評価される未来かも知れないが)

今の20代以上の人が近隣の大国、中国文化について意識せず過ごせたのは、これまで日本が彼らに経済力で勝っていたからではないか。
経済で勝っていたから、中国人のほうが日本で仕事をするために、語学学校に行って勉強をして我々に合わせていた。
だけど今後は、経済力に劣る日本人が、仕事をしてもらうために中国に合わせる側になることは避けられないのではないか。
(今の日本人がキャリアアップのために英語を学ぶのと似たような状況)

もしかしたら、今後の日本の若い人たちは、相当数が出稼ぎ労働者になって中国で働いているのではないかとか
その際漢文(そのものよりも中国古典)の知識の有無で、現地で教養と知性ある人間として扱われるかどうかが変わったりしないのかとか
いや、そもそもRPA等の事務botや無人店舗等の進歩により出稼ぎ自体を拒否られるのではないかとか
この可能性は学生時代の一定期間を費やすのに値するほど大きいのかとか
中国古典と教育についてはあれこれ考えて悩んでいる。
とりあえず前提条件が変わりそうなテーマにおいて若い世代が上の世代の経験を参考にするのは危ない気がする。

だから僕は自分より下の世代に、漢文なんて人生の役に立たないよ、と伝えることに抵抗感がある。
今まではそうだったかもしれないが、今後もそうであり続けるとは限らんぞと思うし、
そのアドバイスにより勉強を放棄したことの責任を自分が負える気がしないからだ。

(21世紀における接待ゴルフポジション候補?)
(李白の送友人などの飲み会で使えそうな漢詩を一つ中国語で暗唱できるようにしておいたら、人生で一度くらい役に立つ場面があるかもよ的なことは言いそうな気がする)

副業で開業しているサラリーマンは「明日クビになったら」失業給付金を貰えず詰む可能性は周知されるべき

要約

普通のサラリーマンは会社をクビになっても一定期間失業保険を貰いながら凌げるけど、副業で開業している人は失業者ではないから失業保険が貰えない。
副業の収入が失業保険の金額より少ない場合、そこで生活費がショートして詰むかもしれないから要注意。
このことだけは絶対に知っておくべき。

続きを読む

僕が「障がい者」や「障碍者」ではなく「障害者」と表記する理由

以前ボランティアで障害者向けイベントのHPを作成して三年くらい運用したのですが、その際に「障害者」という語をどう表記すべきか非常に悩みました。
色々考えた結果個人的には現状「障がい者」や「障碍者」ではなく「障害者」と表記するのがベターだという結論が出て、基本的にこれを使っています。
ただ、正直ベストプラクティスなのかは全く自信がありません。
とりあえず、現時点の知見についてメモを残しておきます。

使用候補

障がい者 漢字の障るに平仮名の「がい」に漢字の者 以下障がい者(表記1)
障害者 漢字の障るに漢字の害に漢字の者。以下障害者(表記2)
障碍者 漢字の障るに石偏に日、一、寸の碍に漢字の者。以下障碍者(表記3)

「障がい者(表記1)」

ポリティカル・コレクトネスの観点から推奨する声が強い表記。でもアクセサビリティ的には微妙だと思っています。
現場からは旧来の「障害者(表記2)」を使用することがためらわれるのでなるべくこれを採用して欲しいという声がありました。
しかし、音声リーダー・音声ブラウザはこの表記を正しく「しょうがいしゃ」と読まないケースがある、という問題点がありました、少なくてもサイト制作段階では。
視覚障害者をターゲットに含むサイトで、音声ブラウザで正常に読まない可能性がある表記を採用するのは問題があるのではないかというのが当時の僕の見解です。

読み上げ検証(当時)

自腹でパソコン用の音声ブラウザでは定番と言われるIEベースの製品を購入して確認をしたのですが、そのソフトは、この表記を「しょうがいしゃ」ではなく「さわりがいしゃ」と読み上げました。
また、当時図書館で調べた雑誌かなにかで、盲学校の生徒の情報収集についての記事があり、最近はスマホを使用する人が増えているという情報を入手したため、スマホ環境も確認しました。
Androidの音声読み上げソフトを使い、スマホ環境の検証をしたところ、そのソフトは「さわがいしゃ」と読み上げました。

PC、スマホともに最初に検証をしたソフトが正しく読まなかった為に、この表記を採用するのは、まだ難しいのではないかと思うようになりました。

読み上げ(現在)

さきほど、最近の音声ブラウザは障がい者(表記1)をちゃんと読んでくれるのだろうかと気になって検索をかけてみた所、現在では対応度が高くなっているという記事が出てきました。
検証してみたいのですが、音声ブラウザは万単位の製品のため出費がためらわれて、現状について自前では未検証です。
ちなみに、僕のAndroidに入っている無料の音声読み上げソフト「ウェブ読み上げ」は2017年9月現在未だに「さわがいしゃ」と読み上げています。
なので僕個人としては視覚障害者をターゲットに含むサイトでこの表記を使うのはまだ早いのではないかと思っています。

障害者(表記2)

害という字がポリティカル・コレクトネス的によろしくないということで随分議論があったようです。
一時期この表記を使わないですむように代わりの表現が模索されたのですが、アクセサビリティ等の要素を考慮すると、今のところこれが一番実用性が高いのではと思っています。
現場にとってポリティカル・コレクトネスの問題は何故儲かりもしないボランティアをやるのかという、価値観の根本に関わる問題のようで非常に抵抗感があるようでした。
僕にとってインターネットエクスプロラーを常用することや、macやiphoneを所有することはアイデンティティに関わる致命的な苦痛なのですが、それと同じような感覚だと理解しています。

この辺のバランスのとり方を当時の僕は思い浮かばなかったのですが、さわりがいしゃ、さわがいしゃでGoogle検索をしたところ、うまい調整方法があるようです。
本文中では障害者(表記2)を使用し、音声ブラウザのアクセサビリティを確保した上で、欄外で意識的に使用していることを説明するという方法で、落とし所としてありだったのではと思います。

SEO的観点

Googleで「障がい者」「障碍者」「障害者」の各キーワードを検索すると結果はそれぞれ異なります。
最近ではGoogleさんがある程度空気を読んで補完してくれるようになりましたが、昔はそこまで賢く無かったので今より違いは顕著でした。
Googleはこの3つのキーワードを類似する別のキーワードとして処理していると思われます。
また、各キーワードの検索回数には顕著な差があり、「障害者」で検索する人が圧倒的に多いことがわかっています。
(以下はGoogle trendsのグラフ 過去10年間一貫して「障害者」)

この語に限らず各用語で健常者に使用されている語彙と当事者が使用している語彙と福祉関係者に使用されている語彙にずれはあり、大体の場合福祉関係者の使用する言葉は少数派となっています。
使用する言葉を全て福祉関係者のそれに合わせると、業界の人以外はほとんど来ないサイトが出来上がります。
かつその語彙というのはwebアクセサビリティという視点で作られているわけではないという問題があります。
福祉系の施設が職員のリクルート目的のサイトを作成する場合それで良いのですが、そうじゃない人をターゲットにする場合どこかで折り合う必要が出てきます。
紙の上で読む為の言葉と、そこから機械的に読み上げられる可能性がある言葉ではやはり要求される仕様が異なっているんだなと感じます。


思想が先にできて環境や社会がそれを追いかけている状態で、市場が狭い障害者周辺では環境の整備まで10年ほどのラグは発生することがある点
社会の変化に対応できるのは情報収集をする余裕がある人だけで、そこから当事者が排除されている可能性がある点
などが見えてきて、さてどうしようかなという話になってきます。

「障碍者」(表記3)

イメージの悪い漢字を使わずに昔の漢字を使って表記しようというものらしいです。
が「碍」の字は常用漢字外で使用頻度が非常に低いという問題があります。
障害者の中には知的障害者の方も含まれていて、難しい漢字はなるべく割けたいという思いがあり、積極的に採用したいという気にはなりませんでした。
ちなみにこの表記を公的制度で使うために、「碍」を常用漢字に入れようという動きがあったようですが、採用されたとしても、既に学校教育を終えた人に勉強をする機会はあまりないので社会的に浸透するまではそれから一世代かかるのではないかという気がしています。

ルビについて

漢字の難易度についての話をするとルビの話に派生する事が多いのでルビについて。
ウェブサイトを作成するhtml言語にはrubyというルビをふるためのタグがあり、自サイトにおいてはルビを振ることが可能です。
が、個人的にはルビはSEO的にマイナスでかつ文章の再利用性が落ちると考えており、好きではありません。
ルビ付きの文章をコピペして再利用するのは非常に難しいのです。
以下はルビのサンプルですが、これをコピーして下のテキストエリアに貼り付けると再利用できないというのがどういう意味かわかりやすいと思います
しょうがいしゃ

イベントをやる以上blogやSNS等である程度拡散して貰いたいという狙いはあるのですが、ルビ付きの文を引用してツイートするのは結構面倒くさいため、SNS的にマイナスの影響がありそうです。
なるべく使用を避けて、簡単な表現や、簡単な漢字を使うことで、運用で対処したいのです。

実装について

音声ブラウザ専用のナビゲーション等

ウェブサイトの見た目を記述するCSSという言語には音声関係の設定項目があり、読み上げ速度や音量や読み上げる人の変更(男性、女性)等ができます。
また、音声のみ表示する項目や音声以外で表示する項目等の設定が可能です。
これによって、ページ上部のナビのリンク(普通に全部を読んでいたら数分かかることがある)をスキップして本文へ誘導、音声のみに解説をつける、等の対応が可能です。
(ただし、音声ブラウザの対応状況は各ソフト依存となります。)

これらの機能を自前で設定していくのはそれなりに大変なので、基本的には最初から基本的な設定が済んでいるテンプレート等を探すのですが、中々ありません。
ホームページを作る有名なシステムにWordPressというものがあり、 screen-reader-text 等、スクリーンリーダーのための機能があるのですが、国内の有名なテンプレート(テーマ)でスクリーンリーダーが正常に動作するものは非常に限られています。
僕は公式テーマ以外で大きな手直し無しでスクリーンリーダー対応可能なテンプレート(テーマ)をほとんど知りません。
そうすると、限られたテンプレートを改造していく結果、毎回同じような見た目になりがちで、たまに気分を変えてかっこいいテーマを改造していくと膨大な手間で死にそうになることが多々あります。

確認作業(テスト)等について

音声ブラウザ対応の確認作業について、複数のブラウザで耳で聞いて検証するのが非常に辛かったのでセレニウム的な何かで自動化できないかなとずっと悩んだあげく
最近、読み上げた文章をgoogle 音声入力に読ませて自動文字起こし、元のテキストと比較する、というアイデアを思いつきました。
今後機会があれば試してみようと思っています。